桜ノ邸




― 生、身は滅ぶも、魂は滅せず。死、誠の滅とは留まらぬことぞ。魂は六界を廻らんとす。時をも点とし現るる。世にさえなければ、誠の死。他の世にあれば他の世の生。
常に己に生はあり。
薄桃の桜 ―



貴女は何故か江戸にタイムスリップしてしまった。
勿論家はないから、暫くの間、桜ノ邸でかくまってもらうことに…。


僕は桜田家次期頭首、桜田貴蘭でございます。
僕が貴女の世話役というところです。何卒宜しく奉り候う。


華の世。
華と散り逝け。
大広間
書院
書物庫
桜の間
松の間
弐の書院
時雨夢


フォレストページランキング


ブックマーク|教える
訪問者1666人目




©フォレストページ