黒猫の愛し方


優しく愛して..



雨が降る夜、拾ったのは
傷ついた黒猫だった――…

『家に来る?』

そう声をかけたのは、無意識?同情?
わからないけど、ほっとけない黒猫だった。







雨が降る夜、拾ってくれたのは
綺麗なご主人様だった――…

『家に来る?』

そう差し出された手を、俺は躊躇うことなく握った。
なぜかはわからないけど、俺はこの人といたいと思った。



2011.04.01〜

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ