恋歌の準備をしよう


ある日、大好きな漫画の世界にトリップした主人公。
ひょんなことから、氷帝に連行されることになり…



「俺らテニス部と勝負だ。」

氷帝VSトリップ少女


「なんでかな…お前のこと気になる。」

まさかの告白疑惑


「もう邪魔しないでくださいな。」

ライバル宣言発令?



私なりに頑張るよ


歌≠見つけて――…




グダグダ感満載ー

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ