堕落を望んだ神の子供

あの日あの時

少なからず血だらけで

非情にも降りる雪

何一つ

僕は守れない、守らない

破壊すだけ

もし出来るなら

大切なものを守りたい

願わくば――――

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ