*long*

□第4話〜我慢?ガマン?がまん?
1ページ/21ページ


悪魔界のデモキンは知らない極秘の地下研究所。
またしてもここで新たな発明がされようとしていました。


デモス「マートルよ、新たな恐ろしい発明だ」


マートル「それはなんでしょう、デモス様」


デモスは円形の黒い機械を自分の手の上にのせます。


デモス「今までのダークマターは、欲望のみを集めていたがこのブラックホールは違う。こいつは、わがままや恨み、悲しみなど全ての負のエネルギーを集め悪魔パワーに変換するとこができる。」


マートル「今までよりも悪魔パワーを集めやすくなると」


デモス「あぁ、そしてそのパワーはもちろん私が、この悪魔界の王となるため活用する。」


マートル「なんと素晴らしい!」

デモス「そこでだ、やはり今までのように怪物王子だけを狙って負のエネルギーを集めようとするのは、効率が悪い。」


マートル「大量の人間にということでしょうか」


デモス「さすがだなマートル、1人1人から吸い上げられる負のエネルギーは少ないが、人間ならば簡単に騙せるだろう。マートルよ、さっそく人間界にゆけ。」


マートル「ははっ。」


このデモス、どこまでも自分が王になるために貪欲な男なのでした。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ