小説

□説教
2ページ/2ページ

なっ・・・嘘だろ
男の上司(刑事)が女の部下(刑事)を剥きやがった!確かに自分は男みたいな喋り方するけど、
これはないんじゃないのか!?
「やっ・・・離して下さい・・・」 「駄目だ。仕置きはこれからだからな」
いきなり胸を揉まれる うぅ・・・
「はっ・・あぁ」「感じてるのか」 「感じてる訳ねぇだろクソヤロ・・あっ・・」
「次はこれをしてもらおうか」「ひっ・・・」 思わず声を出してしまった
「ふっむごっんーーーーっ!!」 きっ気持ち悪い・・・不味い・・・苦しい・・・
「次は下の方だ。こちらとしては時間がない。慣らす必要はないな」「っふぁっ」 口から杉内さんのを出された。
でも、すぐに今度は下の・・・「んあぁぁっっ!!」「くっ・・・キツイな」「うあっあぁあ!!殺すっ殺しっ・・・あぁ!!」
「殺せるものなら殺してみろ」うあぁぁっもう・・・もう嫌だ・・・こんなのもうたくさんだ・・・自分は今、女としての悦びを感じてる・・・それがとてもくやしい・・・すぎうちさん・・・もう・・・ゆるして・・・くださ・・い・・・
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ