□ブックタイトル
主人と僕の旅路

□執筆開始日
2013年02月28日

□カテゴリー
小説
 創作

□概要
「私は妖怪と仲良くしたいだけなのに」

崖から落ちて目が覚めると、辺り一面野原だった。

そして木に寄りかかっているのは…傷を負っている妖怪?

□読者へのメッセージ
風の傷を受けたところらへんからです。

多分、りんちゃんに成り代わり。
でも途中から最強設定になると思われる?


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ