私は・・・

私は、一人、どこにいても、一人。

誰か私を連れ出して・・

お願い私は、何時までも貴方を待ちつづけるから・・・

ずっと・・何年経っても待ってるから。

私は、ここで待ってるから。
    題名  私は・・・  :

 私は、一人。

もう、何年も一人。

お願い誰か私を連れ出して・・

私は何時までも貴方を待ち続けるから。

ずっと・・何年経ってもまってるあら

私は、何時までもここで待ってるから。


About

Profile

Diary

Myアルバム


    *隣の席*

私はね、貴方をこの半年間見てきた。

1年生になって、初めての席替えのとき、

隣になって、運命だと思った。

それから、授業中に、あなたが寝てたらこっそり

寝顔を見てたりしてた。

たまに、つられて寝てしまう時もあったの・・

私は、貴方を誰よりも知ってる気がしてた。

2回目の席替えの時も、

貴方と同じ班になって、隣になった

やっぱり運命なのかと浮かれえてしまった。

でも、それは違ったんだ。

私の勘違いだった。

班の中で、席替えがあった時に、

私と、貴方は、離れてしまった。

その時、少し落ち込んだの。

貴方は隣の子と楽しそうに話しているの。

私はその時、築いたの。

ああ・・私は、貴方のことが好きなんだ。

何度も、好きだって言おうとした。

でもね、やっぱり、言えなかったんだ。

何度も、諦めようとした。

貴方は、きっと私のことはなんとも思っていないから。

だからね、少しでも、私のことを覚えてて欲しいの。

私は、ずっと貴方を思い続けるから・・
   *隣の席*

私はね、貴方をこの半年間見てきた。

1年生になって、初めての席替えのとき

隣の席になって、運命だと思った。

それから、貴方が寝てたとき

寝顔をのぞいてた。

そんな、貴方がいるだけで、安心できた。

私は、貴方を誰よりも知ってる気がしてた

2回目の席替えのときも、隣になった

やっぱり運命なのかと、

浮かれてしまった。

でもそれは違ったんだ。

班で席替えをしたとき

私と貴方は離れれてしまった。

そのとき本当に落ち込んだの

貴方は隣の子と楽しそうに話している

私はそのとき、気づいたの。

ああ・・・私は貴方のことが好きなんだって。

何度も、好きだって言おうとした。

でもね、やっぱり言えなかったんだ。

何度も諦めようとした。

貴方はきっと私のことなんてなんとも思っていないから。

だからね、少しでも私のことを覚えてて欲しいの。

私は、今でもずっと貴方を思っているから・・・


ブックマーク|教える
訪問者455人目




©フォレストページ