夢団子

街角は色めく

少女らの縄張り

寂しがりなおさげ

旋風に揺れて


耳障りな誘惑

花椿の香り

雲無しの午後には

僕の修羅が騒ぐ


焼け付く思いを憂い募らせる

重なる面影

見つけては項垂れている


、誰か僕の

、火を消して

、飛ばしてくれ

、イエイエ

ランク様

3年Z組☆裏小説


ブックマーク|教える
訪問者4871人目




©フォレストページ